企業型確定拠出年金導入支援

「選択制」確定拠出年金の導入と加入者向け投資教育をサポートします

会社にとっても加入する従業員にとっても様々なメリットのある「選択制確定拠出年金」制度をご存知ですか?
会社にとっては社会保険料等の会社負担を減らすことができ、従業員にとっては所得控除等のメリットを受けながら老後のための「じぶん年金」作りが可能です。
ライフドアーズでは、選択制確定拠出年金の導入サポートだけでなく、導入後の投資教育サポートとして定期的な社員研修と個別相談会の開催も実施しています。

「選択制確定拠出年金」とは

確定拠出年金(401K)は、平成13年(2001年)に公的年金だけでは不足する老後資金作りのための制度としてスタートした税制面でとても優遇されている国の公的施策のひとつです。
確定拠出年金には、個人が掛金を拠出する個人型と、企業が掛金を拠出する企業型があり、「選択制」は企業型の導入方法の中の1つです。

【確定拠出年金イメージ図】

「選択制確定拠出年金」3つの税制優遇

「選択制確定拠出年金」のメリット

  • 従業員に支払う給与の総額は変わりません
  • 「選択制」のポイントは、給与に上乗せして掛金を拠出するのではなく、既存の給与の一部を掛金とする点です。
    制度の導入にあたっては現行の給与を、給与部分と確定拠出年金手当部分に分割します。(下記の図参照)
    確定拠出年金手当部分を給与と合わせて受け取るか、確定拠出年金として積み立てるかは、加入者が選択できます。(積立額は5,000円~55,000円の範囲で自由に設定)
    これが「選択制」確定拠出年金と呼ばれる理由です。

    【給与体系の変更例】

  • 会社の社会保険料の削減につながります
  • 掛金部分の一部または全額を確定拠出年金として積立をすれば、その金額は給与所得とはなりません。つまり、その分は社会保険料の対象になりませんので、会社負担分の社会保険料も軽減されます。
    さらに会社の経費は全額が損金算入されるため、会社の社会保険・税コストの負担を軽減でき、中長期的な財務の見通しが立てやすくなります。

    社会保険料削減効果シミュレーション(企業側)


    【条件1】従業員:月額給料30万円+通勤費1.5万円 掛金毎月3万円

    一人当たりの削減額 

    月額 年間
    5,710円 68,520円




    加入者が多くなるほど企業の削減効果は大きくなります
    【条件2】条件1と同条件で複数名かつ一定期間経過した場合の削減総額

    加入者5人 加入者30人 加入者50人 加入者100人
    1年 342,600 2,055,600 3,426,000 6,852,000
    5年 1,713,000 10,278,000 17,130,000 34,260,000
    10年 3,426,000 20,556,000 34,260,000 68,520,000
    20年 6,852,000 41,112,000 68,520,000 137,040,000
    30年 10,278,000 61,668,000 102,780,000 205,560,000
  • 従業員は社会保険料の削減や節税をしながら、老後の「じぶん年金」作りができます
  • 加入者は所得控除等のメリットを受けながら、公的年金だけでは不足する老後資金の準備ができます。
    【従業員が最も有利に老後資金形成ができる制度です】

    手取り給与から
    毎月20,000円積立
    選択制確定拠出年金で
    毎月28,000円積立
    給与 310,000円 262,000円
    社会保険料や所得税(控除額) 約65,000円 約57,000円(※)
    手取り給与 約245,000円 約225,000円
    手取り給与からの積立額 20,000円
    生活資金 約225,000円 約225,000円

    (※)8,000円の社会保険料削減効果
    8,000円多く積み立てても生活資金は同じ

    【今話題のiDeCoよりもメリットが大きいです】

    選択制確定拠出年金 iDeCo(個人型確定拠出年金)
    社会保険料削減 可能 不可
    所得税住民税節税 可能 可能
    掛金上限 55,000円 23,000円
    資格喪失年齢 60歳
    (65歳に延長も可)
    60歳
    加入者手数料負担 なし あり

    ※iDeCo加入済の従業員は制度導入後、資産を選択制確定拠出年金に移します

  • 役員一人からでも導入可能

社員でも役員でも60歳未満の厚生年金被保険者であれば、一人から加入できます。
「選択制確定拠出年金」は大企業の制度というよりは、むしろ従業員が少ない中小企業のための制度といえます。
社長一人だけの会社や一人医療法人の病院であっても企業型である選択制確定拠出年金を導入することが可能です。

ライフドアーズの選択制確定拠出年金導入支援サポートの強み

  • 特徴1:マネースクールのノウハウを活かした加入率を上げる工夫ができる
  • ただ機械的に手続きを進めて選択制確定拠出年金を導入しただけでは、ほとんどの社員が「加入しない、掛金を拠出しない」選択をします。
    その理由として考えられることは、大きく3つです。

  • 掛金を拠出すると給与の手取りが減ると感じている
  • 20代や30代などの若い人にとっては、遠い将来の老後の生活資金のことをイメージすることが難しい
  • 定年まで働く予定のない人は転職の時に面倒ではないかと誤解している

多くの社員に選択制確定拠出年金に加入してもらうためには、なぜ給与の手取りを減らしてまで、原則として60歳までは引き出せない積立をする必要があるのかを理解してもらわなければなりません。
そのためには、選択制確定拠出年金の仕組みや制度説明だけでなく社会保険料率の引上げや公的年金の縮小などの私たちの置かれている現状や、ライフプランニング、自助努力で老後資金を積立てる必要性、そしてマネーや資産運用に関する知識等をわかりやすく、丁寧に説明する必要があります。

ライフドアーズでは、独立系FPとして15年以上前から初心者向けにマネースクールを開催しています。このマネースクールのノウハウは選択制確定拠出年金の加入率アップに繋がると考えます。

  • 特徴2:経験豊富なファイナンシャルプランナーによる継続的な投資教育が可能

確定拠出年金は加入後の運用メンテナンスが重要になります。そのため、ライフドアーズでは導入企業様向けに定期的なマネーセミナーや個別相談会などを開き、継続的な投資教育の機会を作っています。
【投資教育のサポート例】
★マネーセミナー
「確定拠出年金活用法」「年代別の資産形成の方法」「世代別ライフプランニング」「投資信託とは」「マネーと資産運用の基礎知識」「退職後の生活設計」など
★個別相談会
独立系FPに社員の一人一人のライフプランに沿った相談ができます

ライフドアーズのファイナンシャルプランナーは全員が国家資格保有者で日本FP協会認定のFPです。
導入後に社員の方が制度を最大限に活用できるよう、サポートします。

無料相談のお申し込み

お電話または、下記フォームからお申込み下さい。

PAGE TOP
初めての方も
お気軽にご相談ください